×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

なぜ社交ダンス専用のダンスシューズが必要か!?

趣味で社交ダンスを始める場合、「何が必要?」とサークルの先輩方に聞くとその答えは「ダンスシューズ」。練習をかねたサークルでの服装(衣装)はともかく、シューズだけは専用のダンスシューズが必要です。初心者の場合は、モダン、ラテン兼用タイプの入門用スタンダードシューズがよいでしょう。ヒールは初心者には低めに5センチ程度が適しているようです。
※社交ダンスシューズと普通の靴とは違いは!?
●社交ダンス用シューズと普通の靴とははっきりとした違いがあります。社交ダンス用のシューズは、一般的な普段履きの靴と違い、靴底が柔らかい皮革になっています。なぜ、社交ダンス用シューズの靴底が柔らかいかというと、@ダンス・フロアに傷をつきにくくする(フロアに優しい素材である必要があるということ)また、A底が皮革であれば早い動きのダンスの際、適度な滑りとグリップで、確実なステップを踏みやすいからです。

スポンサード リンク

ダンスシューズのサイズを決める

ダンスシューズのサイズは基本的には、普段のシューズのサイズとほぼ同じとしてかまいませんが、比較的ぴったり目を選んだ方がよいでしょう。(最初に余裕がありすぎると、後々若干伸びてくるため緩くなりダンシングに支障をきたします。)
●フィットしているかどうかは、「片足ずつ軽く曲げて、足指がシューズに当たり、きつさを感じないか」で判断します。その際、足指が痛い場合そのシューズは適していません。感覚としては、先端には若干のゆとりがあり、あとはぴたっとしたフィット感覚がポイントです。
尚、試し履きに適している時間は一日の中で足の形が最も自然な状態の午後2時前後といいます。
※ダンスシューズの注意点
●ダンスシューズは、路上の石や水たまりを踏んで、石がシューズに付着し、それで踊るとフロアを傷めます。また水にぬれた場合は、靴底が水を吸い、1回でシューズがだめになります。(こまめな履き替えを…)

モダンダンスとラテンダンス…シューズの違いは?

●モダンダンス(インターナショナル スタンダード:ワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、クイックステップ、ヴェニーズワルツ) の場合は「パンプス型」
●ラテンダンス(インターナショナル ラテン:チャチャチャ、サンバ、ルンバ、パソ・ドブレ、ジャイブ )の場合は「サンダル型」
ダンスシューズはパンプス型とサンダル型でデザインが違います。特に女性用のラテン型はトウがオープンでサイドがないタイプが主流。男性用のラテン型は爪先立ちで踊りやすいよう、特に柔らかい皮革となっています。●「兼用シューズ」(パーティなどで使用)はモダンとラテンで靴を履き替える手間が省ける分、便利といえます。●ご年配の方はティーチャーシューズ(ティーチャーシューズは女性の先生が女性に教える際男性用のステップを踏むのでヒールが太く低めに作られています)で踊ってるようです。※履き替えるのが面倒でない人はモダン用ラテン用をそれぞれ使用、大体の方は上記の兼用シューズを使用しているようです。

Copyright © 2008 初めてのダンスシューズを買う前に